© 2013 by takashi kuribayashi. All rights reserved.

  • Takashi Kuribayashi

Le labo vol.27 : Rencontre avec les artistes Nicolas Floc’h et Takashi Kuribayashi

Le labo vol.27 : 

Rencontre avec les artistes Nicolas Floc’h et Takashi Kuribayashi, modérée par Chihiro Minato, à l’occasion de leur participation à la Triennale de Setouchi 2019

Date: le mardi 16 juillet, de 19h00 à 21h00

Lieu: Institut français du Japon – Tokyo – Espace images

Tarifs: 1000 yens (plein tarif), gratuit pour les étudiants et les adhérents de l’Institut

Réservation sur Peatix : https://lelabo27.peatix.com/

(Ouverture de la billetterie à 18h30)

Traduction français-japonais simultanée.


日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.27:ニコラ・フロック(美術家)×栗林隆(美術家) 司会・進行:港千尋



日時:2019年7月16日(火)19時~21時

会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

入場料:一般1000円、学生・会員無料 Peatixにて販売中:https://lelabo27.peatix.com/

*当日券は会場にて18時半より販売、整理券を配布します

(同時通訳付)

瀬戸内国際芸術祭2019に参加する二人の現代美術家、ニコラ・フロック氏と栗林隆氏を迎えます。

インドネシア ジョグジャカルタを拠点に世界的に活躍する栗林氏は、「境界」をテーマに様々なメディアを用いながら制作を続けています。真実の住まう、目には見えない「異なる」世界を可視化させるような作品をとおして、空間や概念の反転を多く試みています。

フロック氏は、インスタレーション、写真、映像、彫刻、パフォーマンスなどをとおして、流動性や喪失と再生について問いを投げかけます。今年の芸術祭では、海の写真を用いたインスタレーションや地域の人々と関わりながら制作したパフォーマンスが紹介されます。

本対談では、人間と自然と芸術との関係性をテーマに、両氏それぞれの問題意識や芸術的アプローチについてお話を伺います。

司会・進行は、多摩美術大学教授、写真家・著述家の港千尋氏がつとめます。

TAKASHI

KURIBAYASHI